kotsulisのレース編み blog

チクチクレース編みの日々。

アメリカ軍人さん

LINEで、中国系アメリカ軍人さんのジェファーソンさんと知り合いになった。 5歳で中国からアメリカに養子に行き、継母にも奥さんにも死なれたシングルファーザーだ。 比べたら失礼かも知れないけど、私はまだまだ幸せな方なんだな、と反省する。 英語はしゃ…

ニコライ・レーリッヒ 『Mother of The World』

世界の母。世界の母は慈悲深く人々を見守っている。彼女に少しでも近付くにはどうしたら良いのだろうか。 にほんブログ村 にほんブログ村

私がブログを書きたくなる時

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」 ささやかな幸福を誰かと分かち合いたくなるとき。自分が病気で苦しんで来たので、病気の回復に役立ちそうな情報を見つけたとき。趣味のレース編みを皆に見てもらいたいとき。

ウォーキング後の気持ち

いつも、ウォーキングした後は心地よい疲れと、何だか時間を無駄にしたようなー、という虚無感に襲われる。(笑) 身体の健康維持には役にたっている筈なのだが、はっきりと目に見えた効果が有るわけでは無いため、そう感じるのだ。歩いている最中は気分が良い…

園芸屋さんに来ました🎵

私は園芸屋さんが好きである。色とりどりの草花を見ているだけで癒されるのである。 見ていると、店中買い占めたくなるけれど、そんな財力は無い。⤵⤵ 他肉コーナーに、新しく寄せ植えが追加されているのを発見。他肉好きとしては、悩むわ~。他肉って、どう…

ショッピングモールまで歩こう🎵

今日は良く晴れたので、ショッピングモールまでウォーキングすることにした。 家を出て、住宅街を抜け、川に向かう。 川の土手沿いを歩く。散歩したり自転車に乗った子供がいた。軽く汗ばみながら約2キロ。橋に着く。 橋を渡り、街道を真っ直ぐ行く。この先…

ニコライ・レーリッヒ 『Burning of Darkness』

シャンバラの地下世界の住人だろうか?コバルトブルーの闇が美しい。 にほんブログ村 にほんブログ村

今日は雨☔ 編むしかないねー

後もう少しで完成するドイリー。今日は雨なので、部屋にこもってひたすら編む❗ 編んでいるときは無心になれて良いね😃 まだまだ編んでいない図案がたくさんあると思うと、嬉しいな。 頑張るぞー👍 にほんブログ村 にほんブログ村

ニコライ・レーリッヒ 『Treasure of The World』

険しい山道を、聖なる火を乗せた馬が行く。どんな困難にあっても、希望の光は有るのだ、と言われているようで、勇気付けられる作品。 にほんブログ村 にほんブログ村

肉食をやめたい

肉食を止めて、フルーツだけ食べて生きていきたいが、健康上どうなのか気になるところである。 何故フルーツだけにしたいかというと、肉は確かに美味しいのだが、動物の死骸を食べている、と思うと何だか気持ち悪いのである。 少しずつ、フルーツ食に変えて…

お焦げと炊飯器

ここ数日、ご飯にお焦げが付くようになった。 「そろそろ家の炊飯器も買い代え時かねー?」 などと話していたのだが、何と、炊飯器のモードを「お焦げモード」にしていたことを母が発見。 そりゃあ、焦げるわけだよ。炊飯器君、疑ってゴメンよ~🐱

ニコライ・レーリッヒ 『The Greatest Holiest of Tanga 1932』

広大な大地にぽっかり浮かんだ雪山。圧倒的な空間の青空。シンプルで美しい。 こんな光景を目の当たりにしたら、言葉を失って、ただ立ちすくむのみ。 にほんブログ村 にほんブログ村

ウォーキングシューズ

私はウォーキングには、ニューバランスのシューズを使用している。この靴にたどり着くまで、色々試したのだが、これが一番歩きやすい。 ウォーキングはジョギングほどで無くとも、結構足に負担がかかるので、靴はちゃんと選んだ方が良い。でないと、足に豆と…

ドイリー 楽しく編もう

チクチクレース編みをするのは好きだけれど、ドイリーって、余り使わないかも知れない。 でも、編むのは楽しいな 編んでいると、他の事は忘れてしまう。初めて編み図を見た時は、頭がクラクラして、 「本当にこんなの編めるのかいな~」 と思ったけれど、慣…

ニコライ・レーリッヒ 『クリシュナ』

ヒマラヤの麓、桜の木(?)の下で笛を吹くクリシュナ。ヒマラヤの晴朗な山々と、春の穏やかな日差しがホンワカと感じられる。 ニコライ・レーリッヒの絵には言葉は要らないと思う。それでもこうしてblogに上げたくなるのは、余りに素晴らしいからだ。 画家と…

徒歩で行く東海道五十三次

ウォーキングするときに使う歩数計を、 『徒歩で行く東海道五十三次』というアプリにしてみた。 日本橋から出発して、東海道をバーチャルに旅していくというものだが、日本橋から品川まで、約一万歩である。 なんだ~、歩いていける距離じゃないの。東京って…

歯の白い詰め物とコーヒー

私は結構沢山の歯に、白い詰め物をしているのだが、そこが茶色く変色する。 虫歯みたいで嫌なので、歯医者に行ったら、 「詰め物の表面に顕微鏡で見ないと分からないような凸凹があって、そこにコーヒーやお茶なんかの色素が入り込むんですね。クリーニング…

統合失調症を患って思った事

現代社会に適合出来ないと、病気と診断されてしまうわけだが、人間らしさを阻害したような社会に、適合出来る人の方が病んでいるのであって、適合出来ない人は健康なんじゃないかと、ふと思った。 都会で満員電車に押し込められ、会社勤めをしている人は、何…

歩いて体重を減らすには

そろそろ本気でダイエットしなければならない。腰への負担が大きすぎる。大体8キロ落としたいが、今までの経験から、ウォーキングで落ちる体重は、月に1キロ位である。 すると、8キロ落とすには8ヶ月かかる計算になる。冬の間は雪が積もって歩けないから、1…

春日山まで歩こう🎵

今日はウォーキングにはちょうど良い天気。暑すぎず、寒すぎず。そんなわけで、春日山まで歩く事にした。 先ずは国道8号線を西に向かう。途中、線路の高架を登ると、山が良く見えて美しい。最初の歩き出しは、まだ身体が慣れていないため、少し脚が重い。 お…

小さな緑色の蜘蛛

海沿いのベンチに座り、blogを書いていると、木のテーブルの上に、小さな緑色の蜘蛛が居た。 何処へ行くのか知らないが、小さな脚を懸命に動かして、テーブルを横切って行く。こんな脳ミソも無いような小さな生物でも、元気に生きているんだね!と、嬉しくな…

海まで歩いていこう

今日は晴れているのに小雨が降ったりと、妙な天気である。だが、この辺りの地方では割と良く有る天気である。どっち付かずの気分を打破するために、海まで歩く事にした。 家を出て街道を北上し、信越本線に股がる高架を越え、直江津の商店街を横切り、坂を登…

公園でまったり周囲に溶け込むこと

私は近くの公園でベンチに座り、煙草を吸いながら、周囲に溶け込むことが好きである。砂場で遊ぶ親子を眺めたり、植えてある木を見上げて季節を感じたり、雀が戯れているのを観察したり、読書をしたり、スマホでblogを書いたりする。 ただそれだけの事である…

柴犬とシャンプー 静かなる戦い

一般的に柴犬は濡れるのが嫌いだそうである。うちで飼っていた柴犬も、御多分に漏れず、濡れるのが大嫌いだった。シャンプーなどもっての他である。 そうは言っても飼っている側としては、時々洗わないわけにはいかない。洗わないと犬臭くなるし、何より不潔…

『狼と人間ーヨーロッパ文化の深層』

大学生の頃読んだ本。ヨーロッパの深層心理にいかに狼が関わってきたか、様々な伝説を元に解説する。 『赤ずきん』、『ジェヴォーダンの獣』、ヨーロッパには数限りない狼にまつわるエピソードがある。本書はそんなエピソードを紹介しながら、ヨーロッパと狼…

人狼

若い頃は、沢山夢を見た。ある時、狼人間になる夢を見た。 満月の夜、荒野で月を眺めていると、遠くから狼の遠吠えが聞こえる。怖いけれど、狼の姿も見てみたい、と、じっとしていると、狼の群れがこちらへ向かって走って来た。 私の元に到着した群の中のリ…

アントニオ・コレッジョ 『ダナエ』

(画像/ウィキペディア) ダナエはギリシャ神話に登場する人物で、アルゴス王アクリシオスの娘である。ある時、「将来ダナエが産む男の子によって殺される」との神託を受けた父親は、ダナエを青銅製の部屋に閉じ込めてしまった。だが、ジュピターがダナエを見…

ハエ座?

星座表を見ていて、「ハエ座」という星座を見つけた。小さなひしゃく形をした星座なのだが、「ハエ座」なんて初めて見たよ! この星座に関する神話等はなく、元々は「蜜蜂座」とか言われていた様だが、蜜蜂ならまだしも、「ハエ」じゃロマンもヘッタクレもな…

リュック・ベッソンの『ジャンヌ・ダルク』を観た

久しぶりに『ジャンヌ・ダルク』を観た。初めて観た時は戦闘シーンの生々しさにただ興奮していたが、改めて観ると、史実にかなり忠実に作られた、良くできた映画である。 ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるジャンヌは美しいし、中々情熱的な演技だし、シャルル七…

レオナルド・ダ・ヴィンチ 『白テンを抱く貴婦人の肖像』

(画像/ウィキペディア) 本作は、ミラノ公ルドヴィーコ・イル・モーロの愛妾、チェチリア・ガッレラーニの肖像と言われる。 斜め横を見つめるその顔は、若々しく理知的で気品が感じられる。この斜め横に顔を傾けるポーズは、躍動感を出すために、ダ・ヴィンチ…