kotsulisのレース編み blog

チクチクレース編みの日々。

ヘビーもくもくスモーカー

私はソコソコなヘビースモーカーである。煙草大好き🎵煙草だけでなく、お香の煙を吸い込むのも大好き🎵

煙を吸うと、α波が増える気がする。(実際、沈香等の煙を吸うとα波が増大する事が分かっている)
それに、なんと言うか、煙によって心身が清められる様な気がするのである。(笑)
煙を吸い込むことにより、全身のネガティブな物が焼きつくされ、浄化してゆく様な感じである。

しかしながら、家族からはこの感覚は理解されず、煙草は止めたら?と再三言われている。確かに、添加物の沢山入った煙草を吸うと具合が悪くなるので、そういうのは吸っていない。オーガニックの物だけである。

お香でも煙草でも、煙を吸うだけでなく、煙が摩訶不思議な形を作って登って行くのを眺めるのもまた、楽しいものである。私は以前は絵を描いていたけれども、この煙の美しい揺らめきは、そうそう人工的に作れる物では無い。そんな所も気に入っている。

フェリエの電動シェーバーボディ用


f:id:kotsulis:20181127131208j:plain

電動シェーバーを買いました。これでボサボサの襟足を処理したいと思います。襟足が伸びっぱなしだと、何だかモッサリして、清潔感も損なわれますからね。
とは言っても、自分で剃るのは初めてなので、ドキドキです。



f:id:kotsulis:20181127131504j:plain

使用前。


f:id:kotsulis:20181127131517j:plain

使用後。

どうでしょうか?スッキリしたかな。
(*´ω`*)

顔がまずいのは仕方が有りませんが、これで首周りがさっぱりしましたね。
この電動シェーバーは中々使いやすかったです。お肌が傷つく心配もないし。脛毛やアンダーヘアーにも使えるので、重宝しそうですね。オススメです。(*≧∀≦*)

遠隔ヒーリング

昨夜は気功の遠隔ヒーリングを受けました。事前に式神のハトさんが送られて来たのですが、その時点から体が熱くなりました。

元々身体的には余り不具合が無かったので、身体的には変化を感じることは有りませんでしたが、最後の宇宙エネルギー注入で、一段と体が熱くなって、手から温かい気が出てました。

昨日は体が熱くて中々寝付けませんでした。目が覚めてからも、手から温かい気が出ております。

気功ってすごいわー。

エブリスタ

最近、エブリスタという小説投稿サイトに小説を書き始めました。小説なんて書くの初めてなので大変ですが、楽しいです。
非会員でも読めます。ペンネームは
コツリス タイトルは 酸素カフェ

です。興味のある人は読んでみてね😃
まだ少しだけど。

https://estar.jp/

フクロウカフェ

数年前の事である。何かの用事のついでに、友達と都内のとあるフクロウカフェに入った。中に入ると小ぢんまりとしたテーブルと椅子が並び、少し離れたスペースにフクロウが数羽、止まり木に止まっている。

とりあえず席に座り、メニューを眺めていたが、私は内心期待はずれだった。友達は始終ニコニコして、心の底からフクロウカフェを楽しんでいる様だった。

店の親父に頼めば、フクロウを手に止まらせる事も出来るようだったが、私は気乗りしなかった。私はフクロウもカフェも好きなのだが、何故フクロウカフェにときめかないのか、その時は分からなかった。

今になって思えば、私は都会の片隅の小さなカフェに囲われたフクロウではなく、大自然の原野をネズミを追って悠々と舞うフクロウが見たかったのである。猛禽の魅力はやはり狩りをする姿に有るだろう。

軌道チューブ

私の身体はフワフワと頼り無く浮かびながら移動していた。正確には、宇宙空間に張り巡らされた透明な軌道チューブの中に居た。周囲を見回すと、遠くに煌めく星ぼしがちりばめられており、ぼんやりとそれを眺めていると、物凄い勢いで目の前をモビルスーツ隊が通りすぎて行く。
「そうか。戦争中なんだわ」
と興奮しながら眺め、でも実家に帰省しなければ、と宇宙ステーション目指して進んだ。

ステーションには宿泊所があり、私はそこで一泊することになっていた。宇宙ステーションに併設されている宿泊所、と聞けば皆超未来的な物を想像するだろうが、泊まってみれば四畳半一間の畳敷のひなびた和室だった。重力も発生しておらず、私は宙に浮く身体にもどかしさを感じながら押し入れから布団を引っ張り出して、寝る準備をしていた。

……という夢を昔見た。目覚めているときは無重力など感じたことも無いのに、夢の中では、プカプカ空間に浮いていた。しかし、あの宿泊所は何なのか?
宇宙時代に四畳半って。それともアレか。その時代には懐古趣味で和室が流行っているとか。でも重力装置位は付けていて欲しかったな。お茶も飲めなかった。笑